Re: えんどおーるハイパー

娘。小説を書き終えるまで
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
黒板のスレを片っ端から開いてみたその3
・「片っ端から開いてみた」だけなので感想というより紹介に近いものもあります。
・でも紹介というにはあまりに適当です。
・推しメンが出てないスレは高確率で個人技「高速スクロール」が発動します。
 ※今回は板内のスレ数が体にやさしかったのであまり発動してません。
・ネタバレしまくりです。
・スレタイ横の( )内の数字は開いた時点でのレス数です。
舌足らず (1001)
このスレ読むのめんどくさかった。ツボにハマったら面白そうなんだけど。けど。読んでる途中ものすごく眠くなったのでところどころ飛ばしてしまった。ちなみに「飛ばす」のと「高速スクロール」は似て非なるもの。高速スクロールは意識して行うけど「飛ばす」のは無意識。眠気を堪えつつ高速スクロールした。1レスで終わってるやつの中にちょっとニヤっとさせられるものもあった。楽天の曲がるやつとか。ちん○パーマのやつとか。とにかく全般的に眠かった。ネタ満載。スレタイは片っ端から開いた黒板のスレ内で一番かっこいいと思う。

作者フリー 短編用スレ 俺×娘。 (335)
タイトルなし(>>2-12)初っ端からグイグイひきこまれた。とくに何か劇的なことがあるわけじゃないのにこの面白さはなんだ。この作者さんの話をもっと読みたいと思った。これは面白い。一次会から二次会へ流れるそのちょっと前の全体的にグダっとした、個々に好き勝手やってる雰囲気がものすごいリアル。文章からアルコールと夜の匂いがぷんぷんしてくる。真っ昼間に読んでいたのにものすごい夜の空気を感じた。僕と真里の微妙な距離感、過ごしてきた時間がとても生々しい。学生時代なんてとっくに過ぎ去った昔を懐古した。これはいいなぁー。いい。とても好きだ。俺×娘。というジャンルだからどうというのではなく作者の力量なんだなと当たり前のことを思い出した。

〜 Cry for the moon 〜(>>20-61)嫌がらせかと思うほど誤字が多い。少しくらいなら気にならないけど、残念、気になるレベルだった。話のほうはというとりかみきに拾われた記憶喪失の男を放り出したまま途中放棄。読んでるときはその失われた記憶が一応気になりはしたけれど、放棄宣言を見たら一気にどうでもよくなった。てか作者フリースレで途中放棄ってwwwスレの途中で↓のサンタとの生誕祭を書いた方がこっちの話が終わってないのに割り込んだことを謝っていたけどまったく謝る必要はないですね。ま、謝罪に見せかけた皮肉だったら面白いな。

サンタとの生誕祭(>>62-81)いい話なんだけど文意がダイレクトに伝わってこなくてちょっと読みづらかったな。難しいわけではないんだけど理解するのに何度か文章を読み直すことがあった。伝わりやすい書き方とそうでもない書き方ってあるよなぁ。この話は後者だったけど話の雰囲気はけっこう好み。少女が誰なのかとくに意識せず読んでいたつもりだけどなんとなく亀ちゃんを想像していたらビンゴだった。繰り返しになるけどいい話だった。サンタのキャラに救われた感がある。読み終わって亀ちゃん誕生日おめでとうと言いたくなった。

タイトルなし(>>89-107)ちょっと泣いてしまった。油断したぁー。松浦と先生の別れ話。この松浦いいなぁ。諦める松浦がとてもいい。始まったときから終わりが見えていた恋愛にしがみつけない二人がよかった。気づいていても気づいていない振りをしていてもどうにもできないということをお互い分かっている絶望感、焦燥感がいい。地味に面白かったな。最後は爽やかで少し救われるけど個人的にはここは余計だったように思う。救いを見せるのはいいけれどもうちょっとわざとらしくないほうがよかった。とにかくこういう松浦の使い方って好きだな。

あごちゅ〜までの距離(>>108-155)これはかなり面白かった。2005年の更新なのか、リアルタイムで読んでたら確実にレスしてる面白さ。読後のこの爽快感なんだこれ。ホント面白かった。面白かったばかり言っててもあれなので、詳細をと思ったけどうまく書けない。青春グラフィティってこういうときに使うのだろうか。てかグラフィティってなに?オレと真希、オレと絵里ちゃん、それぞれの関係、サッカー、キーワードとしての青春がうまく絡み合っていて、それでいてしつこくなく、でもとても印象的でひきこまれる。体言止めが多く使われているのもあってか短い文章なんだけど頭に残る。リズムがいい。自分にはサッカーの知識とかハンパなくないんだけど、試合の描写からなんとなく状況がつかめて緊張感や脱力感を味わえた。ボランチとかサイドバックとか全然わからないけどどういう攻防してるのかなんとなく雰囲気でわかるってすごい。これって細かい描写で書き表すよりも効果的だしコストパフォーマンスに優れてるよなw短編なのに物語が「きちんと」進行してるのがすごいと思った。急ぎすぎず遅すぎず、段階的にいいテンポで登場人物たちや状況の変化を読み取ることができる。このテンポというか流れに慣れきって油断したところに真希のカウンター攻撃!w彼女の存在がこれでもかっつーほどスパイスが効いていてぐうの音も出ない絶妙な再登場だった。脇を固める登場人物たちも押し付けがましくなく、それでいて軽すぎずのほどよい存在感でいい味だしていた。辻加護の使い方も定番といえば定番だけど素直にうまいと言わざるをえない。この二人がこんなふうに動いて喋ってるのが懐かしかったな。終わり方には好みが分かれそうだけど個人的には好き。最初は「ここで終わり?!」と思ったけど最後の数レスを見つめていたら後からじわじわとくるものがあった。唯一、残念かもしれないのがタイトル。自分ははっきり言ってタイトルとかどうでもいい派なので、基本的にはやっぱりどうでもいいんですが、読み終わってこれってなんてタイトルだっけと見返したときさらに「おぉっ」と思えたらパーフェクトだったなとタイトルどうでもいいとか言ってるくせに思った。そこだけちょっと惜しかった。どうでもいいとか言いながら文句つけるなよって感じだけど、例えば数日後、内容を思い出してあれすごい面白かったなーとは思ってもタイトルは思い出せなそう。とにかく印象深い話だった。

IROあせないで(>>156-158)いろいろあったらしい俺と真理。別れかけたけど結局うまくいきましたという話。俺よかったな俺。

愛してると言えない(>>159-165)コンビニで立ち読みしてた隣りの女の人(飯田)に恋した俺。歯が痛み出して歯医者にいったらその人がいた。歯の治療を受けながら失恋。泣く俺は嫌いじゃない。短い話のわりに印象に残ったのはちょうど歯の治療してる真っ最中だからかもしれない(そういえば親知らず抜いたよ!)。

タイトルなし(>>169-174、>>178、>>219-223)小説の一部分がいくつかって感じ。

スイートルーム(>>180-189)娘。脱退直後の自身の心境を淡々と考える矢口一人称語り。梨華ちゃんの卒業の日にホテルでおじさんとセックスしながら矢口はいろいろと考える。なかなか面白かった。矢口っぽくない気がするけど同時に矢口っぽい気もする。娘。小説の矢口っぽいのかな。一文の長さに親近感を抱かずにはいられないけれどそのくせ読みやすいのは素直に妬ましい。

わらびもち(>>190)ごっちん可愛い。わらびもちってまずくね?

ROLL(>>191-216)男子(あえて男子)がする女子の名字呼び捨てがとても似合う話。友達付き合いをしていた新垣に好きな人がいると知ってショックを受ける俺。この俺の新垣呼びがなんだかとても好きだ。

>わーってるさ。俺は単なる友達で、メンズの洋服買いに付き合わせるのに丁度良くて、
>身長が好きな奴と同じくらいだったってだけのことなんだ。

せつねーw

>そりゃせつねえよ、新垣。

kの「新垣」がズシリと重い。新垣呼びだけじゃなくここの俺にはとても好感がもてる。>>217のレスで君僕のガキさんと彼が云々って書いてあったから君僕にガキさん出てたっけと曖昧記憶のまま空板に確認しにいったら3をすっかり読みふけってしまったことは余談です。>>217で言われてる君僕って君と僕との物語じゃないのかな?ガキさんいなかったよガキさん。1と2は高速スクロールだったし内容すっかり忘れているので定かではないけど。

金曜日のあいぼん(>>226-236)あんま面白くなかった。

タイトルなし(>>239-246)美勇伝のきわどい衣装やPVに嫉妬する石川と付き合ってるらしい僕。ヤキモチ焼いてるでしょとかなんとか言いながら結局ラブラブ。定番ですね。てかこういういしよしいくつか読んだことある気がw

お好み焼き(>>249-256)好きな子の歯に青のりついてるとこ見たい見たくない論における男女の意識の差は概ねきっと正しい。

愛と誠(>>260-272)愛さゆエロ、愛誠(桃子の友達の弟)エロ、チャミラブ(←他の表記が思いつかなかった)エロ。

れいなと・・・(>>276-280)黒板倉庫『真の御言葉』の続きだっていうからそっちを先に読もうかと思ったけど続きが5レス(実質3レス)しかなかったからやめた。でもせっかくだから覗くだけ覗いてみるかと倉庫にいって該当スレをクリック。高速スクロールしたらなかなかきつかった。もしあれをきちんと読んだ人がいたならあらすじと感想を教えてもらうよりもなによりもとにかく乙と言いたい。そしてなんで読めたの?と。

不(>>281-285)受験生のおれと亀井さんが大学に落ちた。

温泉(>>286-291)親戚と温泉に行ったあいぼん。↑の金曜日のあいぼんを書いた人かもしれない。

自慢の娘。(>>294-307)FCで販売していたハロメンの卵子を使って自分と娘。の娘を作り、娘。に入れようとするキモヲタの話。こうやって書くとなんか本気でキモいけどひねりが効いてるラストに思わずニヤリとする。上手い。

ERIKA MY LOVE(>>309-314)俺三好と見せかけて俺梅のエロ。途中の岡ちゃんをどっちととるかで騙されるか否かが決まるので気をつけて!っておもっきりネタバレしてますが。

『Continue』(>>318-332)俺柴。

それにしても作者フリースレの矢口の登場率は異常だった。男と絡ませやすいからだろうか。変な意味ではなく男友達と普通に話したり飲んだりっていう図が想像できやすいというか。「板」としてはれいな率が高い気がする。さゆえりも。ほぼさゆえりれいなな印象。俺×娘。にあまり興味がないので片っ端から開く前は黒板に全然期待なんてしてなかったけどいざ開いてみると面白いものはいっぱいあった。今度はほいくに挑戦してみようかな。
スポンサーサイト
- | 00:30 | - | - | pookmark
コメント
コメントする