Re: えんどおーるハイパー

娘。小説を書き終えるまで
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
泣いていいですか
 本題に入る前に一言、酔ってます。仕事21時くらいで切り上げて、誘いのメールが何件も入ってたので挨拶がてら顔出したなじみの中華料理屋で一杯というか一本。良くない体調と仕事疲れが重なっていつもよりまわりました。いつもはあれくらいじゃ酔わないんだけどな。

 で、30分前くらいにモブログから投稿しようと思ってた内容が下。わかりやすく赤字。

 振り返ってみたらさ、2006年の吉澤ってすごくね?リボンに早稲田講師に世界バレー。他にもいろいろあったと思うけどさ、大きいことこまかいこと全部ひっくるめてすごかったよね?吉ヲタ、忙しかったよね?いいこと尽くしだったよね?うっはー。リーダーかっけー!!よっすぃ最高!イェイ!
 
 まあつまりご機嫌だったわけだ。吉ヲタ的に充実してたなと。

 で、本題(ようやく)。風呂の前に軽く巡回するかとむちょさんとこ見たらリボンDVDに関するショッキングなことが。


 よっちぃの千秋楽投げキッスが入ってないなんて_| ̄|○


 ごめん、うん、軽く号泣した。何を楽しみにしてたって、わかります?これなんだよ、これ。まさに投げキッスが見たかったんだよぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおヽ(`Д´)ノウワァァン


 il||li _| ̄|○ il||li


 もうダメだ。やばい死ぬ。シンジラレナーイ。いいこと尽くしだった2006年がこれで一気に急降下した気分。あの投げキッスが入ってないなんてバカかとアホかと。なんで?心臓打ちぬかれるから?いや、マジで。悩殺力が殺傷力だから?もうなにいってっか自分でもわかんね。それくらいショック。これでもかってくらいショック。アマゾン(というかペリカン)からのご不在通知を見てもワクテカしないよ…。受け取っても見れるのは週末だけどさ。てか受け取れるのか自分。そこが問題。


 なんで投げキッスが入ってないんだよぉぉおおおおおおおおおお


 ダメだ。泣いていいですか。
リボンの騎士収支
 支出オンリーではないのが少し救いかもしれない今回。精算してみた。

■参戦した公演

 8月 1日(夜)リカンツ
 8月 8日(昼)リカンツ・ノノール
 8月10日(昼夜)アベンツ
 8月15日(昼夜)アヤンツ
 8月17日(昼)リカンツ・ノノール
 8月27日(昼夜)リカンツ

 計9公演。意外と少ない?かも。もっと行きたかったー!ってのが正直な気持ち。とくにリカンツとかリカンツとかリカンツとかをもっと見たかったなぁ。

■諸費用(チケ代交通費等)

 チケ代 103,500円
  S席(8回)61,500円 1枚あたりにかかった費用→約7,687円
  A席(1回)42,000円 1枚あたりにかかった費用→42,000円

 交通費 約40,000円
 飲食代 不明てか知りたくない(叙々苑とか…)

 千秋楽アホかと。

 S席はほとんど10列〜15列ど真ん中で見てた(個人的にこの辺りが一番見やすかったんじゃないかと思ってる)。似たような席ばかり。同じ席だったこともあった。それというのもコマ窓口で座席チョイスして買ったからなんだけど。一回だけ4列だったか5列だったかで見たときはさすがに近すぎて全体が把握できなかった。けど至近距離で見た「我々は騙された」と「悪魔に魂を売っても悔いはない」はいまだに脳裏に焼きついている。FCで買ったチケは3列5列7列か8列だったかな?そんなところ。都合が悪くなったので他の方に見てもらいました。まあこれが収支の収。

 こうして見てみるとやっぱ金遣いすぎだなと思った。反省。でも後悔はしてない。秋紺費用が寂しくなったのは言うまでもない。
日々溜息
 はぁ〜。まいった、日々まいってます。

 みきよしを好きすぎることやマコがいないこと、リボンの騎士がまた見たいことなどなどで溜息つきまくりでまいってます。ああ、ぱむさんの書けない病がちょっと伝染してきた感があることにも。はぁ〜。あれもこれも続きがいっこうに進まない。はぁ〜。

 先月はアクセス数がけっこうな数だったかもしれない。6月以前の記録がもうないから違うかもだけど、8/27は1000まであと少しってところで普通にビビりました。何度もレポったからかな?てかそれ以外に考えられないか。まあそんなことはどうでもいいとして、マコがいない。リボンが終わった。みきよしの妄想ばかりが膨らむ。はぁ〜。

 またハロモマコSP見ちゃったし。石川さんの「まなぼまなぼ」が投げやりすぎて笑える。亀ちゃん可愛い。ガキさん面白い。愛さん最高。さゆ大人っぽくなったな。れいにゃああああああ。こはりゅううううううう。はぁ〜。


   女!女!女!お・ん・な!!

  (0^〜^)<わたしのむすこがおうだぁ〜

   おおがおんなだとはあああ〜


 なんかこういきなり一人リボンの騎士ごっことかしちゃうんですよ、家で。

 il||li _| ̄|○ il||li
このわたしがついてる
 昨日の夜中に思い立って(ようやく)アンビのCDを開封しました。なんでかっつーとカップリングの「わたしがついてる。」を聴きたかったから。音ホニャララから切り取ろうと思ってそういう系のソフトをインストールしたんですけど、やりかたがよく分からなかったのと面倒だったのとで即断念。そういえばCDあったんだと気づいて開けたもののすでに眠かったので出勤途中で聴こうと寝てしまいました。

 で、翌朝。あの黄色黄色したジャケがやたら眩しかった。れいにゃどアップだよれいにゃ。マイカーにて出勤途中にCDをセット。とりあえずアンビは飛ばして「わたしが〜」を聴きました。聴いていたらリボンの感動とかマコの笑顔とかが蘇ってきて泣きそうになってしまった。これを聴くとフィナーレの場面がありありと思い出されるんです。とくに吉→マコへの笑顔が印象的でやっぱり泣けてくる。

 間奏の見所はなんといってもみきよしの手に手を取っての満面スマイル。思い出して必然的にニヤけます。朝からニヤけ泣きとか高度な技をやってのける自分はこれでも運転中。結局、会社の行き帰りあわせて1時間以上ずっとリピっててアンビ聴かなかった…。そうそう、みきよしの歌声が滅法好きです。

(0^〜^)<このわたしがついてる

 ソロパートではなかったと思うんですけどここかなりグッとくる。すごくいい笑顔で歌ってたなぁと、また思い出の世界へトリップしてしまいます。ミキティの「家に帰ればただのひと〜」のとこの「だ」と「〜」の音がなんかツボった。鼻にかかってる美貴発声大好きです。

 この曲秋紺とかでも聴きたいなぁ。ホント自分にしては珍しくめちゃめちゃ気に入ってしまった。でもマコがいないと思うとライブで聴くのは少しツライかもしれない。ハロモマコSPを何度も見て爆笑しては終わってから溜息をついてる自分にとっては。春紺のDVDとかも例によってまだ未開封だけど(アマゾンの箱から出してもない)青空の娘。トレインだっけ?あれ見たら絶対泣くだろうから見れない見れない。同じ理由でドキュも見れない。・゚・(ノД`)・゚・。

 自分はこんなにマコのことが好きだったのか。それともリボンの感動とあいまって特殊な心理状態なのか。リカンツのことにしても「(なんでそこまで好きなのか)分からない」と言われるくらい好きすぎるし、どうもこの夏の暑さに何かがやられたとしか思えない。だからもう終わる夏のせいにしておこう。あ、「わたしがついてる。」ってキムシンの作詞だったんだ。この夏はある意味キムシン三昧でもあったんだなぁ。
おまえが王よ
 昨日のハロモニを見たらマコが面白すぎて泣けてきた。大爆笑の後の喪失感がものすごい。しばらくはリボンの騎士が終わったこととマコのことを思い出してはため息つきまくりかもしれない。

 にしても85年組の居酒屋リラックスモードが最高だ。もう8期は石川さんでいいんじゃね?ダメ?ミュのオープニングではこの3人の並びがすごく好きだった。迫力と華が半端ないよ、やっぱり。

 音○というか○ッチの「おまえが王よ」に大爆笑。直後に「ふはぁ」と息を吐いてるのが生々しいな。大きなヤマを終えてほっとひと息って感じだ。王妃を嘲る笑い声とか最高だ。何度もリピってる。歌→台詞→歌とアルトな美声が素晴らしくかっこいい。ダメだ、やっぱ当分リボンの騎士から離れられそうもない。
書き忘れた
一回目のカーテンコール時
青サイを見たよっちぃが一言
「ペンライトよくなったの?」

マココールに「それはまた後で」と客を制してマルシア紹介へ

なんかどっちも面白かったw

にしてもミキティけっこうつらそうだったな
余裕なさげでいろいろ堪える表情が切なかった

カーテンコール時の挨拶ではアクロバットの人たちやバンドメンバーの名前をひとりひとりよっすが紹介
その名前が書かれた紙を最後のミステリーオブライフで舞台をまわるときに一部落としてたw
んでも落としたことに全く気づかず、後ろ歩いてた王様が屈んで拾ってたwww

王様と王妃の抱擁にはなぜかちょっとカンドーした
夫婦っぽいとこ初めて見たなと(笑)
27夜ミュ
サファイア魂取引直後の「父上のカタキがうてるかもしれない」で小刀の鞘がポーン
よく飛ぶ鞘だ(笑)
舞台から落ちるか落ちないのギリのところで止まる鞘
そのまま最後までそこにあった(笑)
ヘケートが蹴りそうでハラハラした

サファイアのスカートはガッチリ装着しすぎなのか?
息子かなり苦心して取ってた
サファイアがちょっと待ってるっぽかったのが笑えた

フィナーレ三曲目みきよしワルツイチャつき部分
手と手をとりあった瞬間ミキティと亀ちゃんが軽く接触→二人よろけ
亀ちゃんびっくりしてミキティを見るもミキティ動じずスルーでよっちゃんを見つめたまま
二人の世界ですかそうですか

青空ではマコ以外のメンバがひまわりを一本ずつ持って登場
それぞれ抱き合ってマコに渡した
最後のよっすでマコ涙を耐えきれずか下を向いてしまう
その頭をくしゃくしゃ撫でるよっすの笑顔が印象的

楽しい8月だった
リボンの騎士に本当に楽しませてもらった
40公演を無事に乗り切った皆にありがとうとお疲れ様を

旅立つ者
カーテンコールの挨拶
マルシアえびちゃん面白すぎです最高!
ガキさん泣きそうになりながらもマコへ言葉を送る
ミキティ涙をこらえつつミキティらしいサバサバした挨拶
途中なぜか噴き出してマコに「笑うとこじゃないから」とつっこまれる(笑)
愛さん「まとめるのがホントに苦手で吉澤さんに相談した」
言葉どおりまとまらず吉澤の腕に抱きついた
抱きついた腕がそのまま下がって指が絡んじゃったよオイ
ぎゅっと握り締めあう吉愛キタコレ凄すぎ
大臣からミュを無事に終えた感謝とマコへの言葉
吉澤「こうして喋ってるけど目が見れない」
でもマコに最高の笑顔を向けていた

挨拶で言葉につまりうつむくマコに大臣が後ろから囁いた

「小川麻琴、元気でいってきます!!」

笑顔で宣言
マコ卒業おめでとう

青サイが放つ光は海みたいだった
マココールに何度も上がる幕は粋な計らい
何回カーテンコールやるんだよとつっこむヲタたちは泣き笑い

楽しすぎる卒業だった

最高の千秋楽

よっちぃ投げキッス
書き忘れた
客のどよめきと「ヒュー」て声が面白かった
ナイロンへの投げキッスはややウケ

9回来たのに祝杯キック見れず残念無念
あ、キムシンだ
愛想いいなぁ(笑)
27夜ミュ幕間
全員の気合いが凄すぎる
とくに大臣、自分が見る限り過去最高の出来
演技も歌も最高すぎる
鳥肌が立ちっぱなし
怖いくらい美しい

大臣登場は投げキッスw
魔女とは違った意味で妖艶すぎる
男としてというか女としてというかとにかく色っぽすぎる
ありえないほどの色気とかっこよさにノックアウ
客を誘惑しないでくださいwww
ナイロン「そのポーズは?」
大臣「音楽にあわせてみた」 ←ここでナイロンにも投げキッス

ちょwナイロンを誘惑www
ナイロンおまニヤけすぎwww
素で照れんなwww

でもまああんな真正面であんなことされたら普通に悶絶もんだ
むしろナイロンよく倒れずにがんばった(違

にしてもこんなにマコヲタに囲まれたのは新潟以来だ